うたかたのような

ジャニーズのはなし

一番星のような君のいない世界で僕はいま星を見ていたよ

すばるくんがね、関ジャニ∞を、ジャニーズ事務所を辞めるんだって。嘘みたいなほんとの話なんだって。

 

すばるくんがいなくなるって聞いて、涙の答えみたいだなって思ったの。「一番星のような君のいない世界で僕はいま星を見ていたよ」って。すばるくんはみんなの一番星だったんだよ。

ふと涙の答えの発売日を見たら2013年で、そんなに前の曲だったのかあって思って。ああ、そうかわたしは彼らと一緒に歩くのを辞めたんだって思い知って。彼らと一緒に歩くのを辞めたわたしがこんな文章を残すこと、嫌な思いをする人もいるかもしれないし、外野は黙ってろって思う人もいるかもしれない。だけどアウトプットしないと、わたしのこころがしんでしまいそうだから。ごめんなさい。文章ぐちゃぐちゃだけど。

 

4月15日のお昼、仕事のお昼休憩中にお友達からたくさんLINEがきてるけどなんだろうって思って。メッセージを開いて背筋が凍った、頭が真っ白になった。午後も仕事だったからごはんを詰め込んで仕事に集中しなきゃいけないのに頭の中がそのことをずっとぐるぐるしていて。悪い夢なんだこれは、仕事が終わったらそんなこと起こってるはずなかったんだって思ったけどやっぱり現実で。帰宅してから会見を見てFCのコメントを読んで。なんでどうして嘘でしょってそんなことばっかりで。泣いてはぼーっとしての繰り返しで。

 

わたしは横山さんのファンだから、どうしても横山さんを中心としてしかエイトを見れなくて。だから横山さんがすばるくんを思って、メンバーを思って、ファンを思って泣く姿なんて二度と絶対に見たくなかったのに。見たくなかったんだよすばるくん。JUKEBOXのとき、横山さんがトランペットを始めたこと、もちろんグループの力になればと思っていた部分もあるだろうけれど、根底はすばるくんのために始めたんだとわたしは思っていたよ。なのにどうしてなんだろうね、すばるくん。どうして関ジャニ∞と同じ道を歩いてくれなかったのかな。横山さんはシャイだからわたしたちのこと「eighter」って呼んでくれないよ。すばるくんじゃなきゃだめなんだよ。

FCのコメントで横山さんが横山裕(侯隆)って本名を出していたこと、横山さんも言っていた通り「メンバーとして」の横山裕と、「友人として」の横山侯隆の決断なんだなって思って。すばるくんが決めたこと、横山さんが村上さんが決断したこと、いくら泣いて喚いたってこれを曲げるのはもう無理だなって。あそこの年長組は三者三様に頑固なんだよ、もういやだなあって苦笑いするしかないよ。

 

わたしが関ジャニ∞をすきになったとき、関ジャニ∞はもう7人しかいなくて。8人の関ジャニ∞は映像でしか見たことがなくて。でもわたしの中では7人の関ジャニ∞に違和感もなくてそれがずっと当たり前で。すばるくんが関ジャニ∞からいなくなって、これから5年後、10年後もっともっと時間が経ったら、昔のわたしみたいに「6人の関ジャニ∞が当たり前」っていう人たちがきっとたくさん増えるね。

わたしね、味園ユニバースですばるくんがソロとして活動したとき、ほんとはすごくすごく嫌だったんだよ。当時はそんなこと言えなかったけど。どうしてソロなの?って。すばるくんはそのままエイトを置いてけぼりにするんじゃないかって怖くて嫌だったの。でもそのあと関ジャニ∞としてのすばるくんに戻ってくれたから、ああ大丈夫なんだって安心したのに。安心したのにどうしてこうなっちゃったんだろう。いくら問いかけても返ってくる答えなんてひとつもないのに何かを聞かずにはいられないよ。

 

わたしが最後に7人の関ジャニ∞に会ったのはいつだったかな。来年も再来年も変わらず会えると思ってたんだよ。Jr.担になって「この人にはいつ会えなくなるかわからない」「次にいつ現場があるのかもわからない」ってずっと思ってたのにね。まさかわたしがすきになったエイトに会えなくなる日が来るとは夢にも思わなかったよ。去年の夏、どうしても日程的にエイトのコンサートに行けなくて「また来年もあるから来年は絶対行く!」って友人に笑って話してたのにね。「また」なんてなかったみたい。最後に7人の関ジャニ∞にお別れも言わせてくれないなんて酷い人だなあ。

わたしは6人の関ジャニ∞のことを見れるのかな。愛せるのかな。きっとすばるくんの姿を探して、すばるくんの声じゃないすばるくんのパートを聞いてこころを痛めるんだろうな。そんな世界でわたしはすばるくんのことを許せるのかな。きっといまはまだやっぱりすばるくんのことを許せないんだろうな。ごめんね。ほんとに子どもみたいだけどこれだけは言わせて。すばるくんのばーーーーーーーーーーーーーーーか!!!!!!!

 

降りてからCDは買わなくなってしまったし、前ほどコンサートも行かなくなってしまったけれど、関ジャニ∞はやっぱりわたしにとっては特別で大切なグループだったんだよ。アイドルをすきになることって、誰かを応援することってこんなに楽しいんだって教えてくれたのはエイトだったし、大切なお友達に出会わせてくれたのもエイトだったんだよ。いろんな場所にだって連れて行ってくれたし、アイドルをすきにならなければ知らなかった景色を見せてくれたのもエイトなんだよ。

舞台を観劇してたってYouTubeを見てたって楽しいのは一瞬で、ふとした瞬間にすばるくんのこと、関ジャニ∞のことが頭の中をよぎってつらくて苦しい気持ちになるんだよ。

わたしが知らなかったことをたくさん教えてくれたエイトに、こんなにつらくて苦しい感情は教えて欲しくなかったよ。

これを書きながらも涙がぼたぼた溢れて止まらなくて、あーあまた目が腫れちゃうなあってそんなことばっかり考えてるよ。

 

すばるくんのこと、きれいに見送れなくてごめんね。降りたくせにって何回も自分でも思っているけど、こころの整理がうまくつかないんだ。最後まで泣き言ばっかりでごめんね。だけどね、これだけは自信を持って言えることがあるよ。関ジャニ∞をすきになってよかった。もし過去に戻って、また同じ未来が来るとしても、わたしは関ジャニ∞をすきになるよ。だいすきだったんだよほんとうに。

 

まとまらないけど涙で顔がひどいことになっているから、このあたりで終わりにします。文章ぐちゃぐちゃだけど、これがわたしのいまの正直な気持ち。

JOHNNYS' Happy New Year lsLAND

『JOHNNYS' Happy New Year lsLAND』

帝国劇場

2018.1.1~2018.1.27(全36公演)

 

 

全36公演お疲れさまでした。

続きを読む

うみちゃんとかトラジャの話

世間では仕事納めでお休みの方が多いようですが、わたしは31日仕事納めの1日仕事始めという己の職種を呪いたくなる勤務です。そんな中、癒しが欲しくてここ最近はタッキー&翼の「Youは何しに?タッキー&翼CONCERT そこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ」を毎日のように見ています。

 

Travis Japan中村海人くんがすきだ、というような話を以前も書いたんですけれど。飽きっぽいわたしはどうせすぐ飽きるだろうと思っていたら、心が荒んだときにうみちゃんを見て癒されるという、なんとも心の癒し的存在になっております。中村癒し海人さんいつもありがとう!

 

まあとにかくうみちゃんの顔がすき。顔がかわいい。最高にかわいい、顔が。あとは踊っているときの表情がすき。スタイルもめちゃくちゃすき。うみちゃんのビジュアルってすきの塊だな…?と書いていて気づいた。えび座のステフォを「かわいいの1枚しかないからいらないわ」とか初見で言っていたんですけどね?いや買ったんですけどね?それを先日見返してみたら全部かわいいじゃないですか!すきって気持ちってすごい(笑)そしてやっぱりうみちゃんのいちばんすきだなあと思うところは楽しそうに踊るところかなあ。

 

これだけうみちゃんのことを「かわいいかわいい」と言っているけれど、正直うみちゃんのキャラクターが全く掴めていない\(^O^)/そもそもなんでうみちゃんが「ヒモ」キャラになっているのかよくわかっていない\(^O^)/ヒモエピソードでもあったのかな?と思って調べてみたけれど、結局よくわからなかった。なんならうみちゃんがどんなキャラクターなのか調べてみたけれど、わたしの調べ方が悪いせいかいまいちどんな子なのかとか、メンバーとの関係性がよくわからなかった( ;∀;)

 

Travis Japanというグループ全体を知ったら、うみちゃんのキャラクターや関係性がわかるかなあと思ってTravis Japanのことを調べようとしたんですけどね?けどね???いや、情報量が多すぎでしょ????脱退、退所、加入って情報量が多い……。そしてわたしはこれがあったからTravis Japanにハマるのを躊躇していたのだったと思い出した。人の入れ替わりが激しいから嫌とかではなくて、メンバーと一緒に心を痛めたファンのなかに「風の噂では聞いているけれど詳しくは知らない」というちゃらんぽらんなわたしが入るのは烏滸がましいなあって思っている現状です。思っている現状ですが、ずぶずぶ沼から抜け出せなくなりそうです。困った…!

春のジャニーズJr.祭りでTravis Japanのパフォーマンスを初めてきちんと見たときに「ダンスってここまで揃うんだ!?」って純粋に感動した。身長だってバラバラなのに手足の上がる位置すら揃っているとは何事ですか!?しかもあんなめちゃくちゃ激しく踊っているのに。これが「一糸乱れぬ」というのだろうなあと感動した。そのあとは友人と「なんでわたしたちはトラジャ担じゃないの?」「トラジャ最高すぎる」「トラジャのことしか記憶にないわ」ってずーーーーーーっと言っていました(笑)

先日、年末年始の特番に向けてHDDの整理をしていたときに、たまたまビビットのJr.の稽古場を特集していた放送を見たんですけれど、トラジャのインタビューのときに「シンクロさせるのが僕たちの持ち味」「あえて個性を捨てる」と話していて、そういう魅せ方もあるのだなあと思って。「個性を捨てたら地味になるんじゃ…?」と一瞬思ったけれど、トラジャのパフォーマンスを見返していると全くそんなことはなくて。月並みなことしか言えないけれどすごくきれいだなあって思った。

 

そしてわたし友人によく担降りを心配されるんですけれど、不思議といまはそんな気持ちにならなくて、どちらかというと増えました~!って感じです(笑)

降りてからというものいまの自担の現場ばかりに行くようになってしまっていて(現場数多すぎ)、自担の現場にしか行かない一途なオタクになっていた(というかならざるを得なかった)のだけれど、そうだわたしは気が多いオンナだった…ということを思い出し\(^O^)/自担のことだけをずーーーっと考えているのはわたしには無理だったんだ!だからしんどくなっちゃったんだ!重いオタクだからね!!だからうみちゃん超癒し!!!!すんごい癒し!!!!!癒しんちゅ~~~!!!!!!

 

 

いやなんか今年最後のブログがトラジャの記事になるとは1年前のわたしは想像していなかった\(^O^)/オタクってなにがあるかわからないから楽しい\(^O^)/

2017年もたくさん現場に行って楽しかったです!オタクやめたいって言いつつ2018年もたくさん現場に行きたいです!

 

そしてうみちゃんのエピソードでもメンバーのエピソードでもトラジャのエピソードでもなんでもいいので、どなたか拍手か何かで教えてください…!わたしにTravis Japanのダイレクトマーケティングしてください(笑)

 

それではよいお年を~!!!

 

 

web拍手 by FC2

 

太陽のかわりに音楽を。

 

 

f:id:yurayura78:20171226004821j:plain

 

『太陽のかわりに音楽を。』

銀座博品館劇場

2017.12.7~2017.12.17(全15公演)

 

出演

別所哲也宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)、高田翔(ジャニーズJr.)、小松利昌、西原亜希、成清正紀、川上友里、蒼乃菜月

 

2017年・冬。「オールナイトニッポンZERO」のパーソナリティを務めるミュージシャン・トロイはラジオが好きではなかった。リスナーからの反響はなくスタッフもやる気がない。ラジオのない世界に行きたいとトロイが呟いた時、彼の乗ったエレベーターは、他の時代にタイムスリップする。

そこは50年前、伝説のアナウンサーがパーソナリティを務める「オールナイトニッポン」の現場だった。誕生したばかりでまだどうなるか誰にも分からない「オールナイトニッポン」番組制作のスタジオ。

戦争を知る伝説のアナウンサー、適当すぎるディレクター、そしてラジオに夢を持つADたちとの番組現場でのふれあいの中で、トロイは「ラジオの力」を見つけ出していく。

 

 いつもはある程度推敲をして記事を投稿するんですが、ものすごく長文になってしまって、きちんと推敲しきれていないので、だいぶ読みづらいです\(^o^)/あとものすごく長いです\(^o^)/いままでの記事の中で一番長いので、読む方がいましたらお気を付けください\(^o^)/

 

続きを読む

舞台『何者』

舞台『何者』

天王洲銀河劇場

2017.11.25~2017.12.10(全21公演)

主演:阿部顕嵐(Love-tone/ジャニーズJr.)

出演:美山加恋長妻怜央(Love-tone/ジャニーズJr.)、鈴木勝大宮崎香蓮、小野田龍之介

 

主人公の拓人は、御山大学社会学部の学生で、就職活動の時期を迎えている。ルームシェアで一緒に暮らす同じ学部の光太郎は、バンド活動を続けていたが、拓人は早々に劇団活動をやめ、就職活動に専念していた。また拓人は光太郎の元彼女である瑞月に片想いしているが、そのことを光太郎にも言えずにいる。

 

ある日拓人は、同じアパートの真上の部屋の住人が、偶然、瑞月の留学仲間である事を知る。その留学仲間である理香は、隆良という同級生の彼氏と同棲していた。瑞月と近づきたい拓人は、理香の部屋を「就活対策本部」として、光太郎、瑞月ともに定期的に集まり、情報交換などを始めた。あるものは手作り名刺やOB訪問を精力的に行ったり、またあるものは就職活動をせずに独立をめざすと公言しながら、裏で面接を受けていたり…そして5人はSNSで、自分の就職活動の状況や自分の考えを発信し続ける。しかし、そのSNS上での順調ぶりとは裏腹に、なかなか内定をもらうものが出ず、それぞれの抱く思いが複雑に交錯し、5人の人間関係は徐々に変化していく。

 

やがて内定をもらう者が現れたとき、くすぶっていた妬みや不満など、本音が露わになり、それぞれの心の闇が露呈するが―

(何者公式サイトより)

 

 

続きを読む