うたかたのような

ジャニーズのはなし

Summer Paradise 2016

Summer Paradise 2016

Hey So! Hey Yo! 〜summertime memory〜

(2016.8.7〜2016.8.9)

 

セットリスト

1.Sweety Girl
2.ぶつかっちゃうよ
3.恋するエブリディ
4.4 Seasons
5.雨だって
6.和ダン
7.Don't Stop Sexy Boyz!
8.桜咲くcolor
9.ダンケ・シェーン(マリウスソロ)
10.Break out my shell(聡ソロ)
11.We can be one
12.24-7~僕らのストーリー~
13.シングルメドレー
Cha-Cha-Cha チャンピオン
・男 never give up
・King & Queen & Joker
Sexy Summerに雪が降る
・バィバィDuバィ~see you again~
・Real Sexy!
Lady ダイヤモンド
Sexy Zone
・君にHITOMEBORE
・勝利の日まで
14.MC(質問コーナーあり)
15.この手をつなごう
16.聡ソロコーナー
・FROM
・Yes
BOUNCE
17.マリウスソロコーナー
・Hellow Broadway
・君の瞳に恋してる
・Dream Girls
・Welcome to the Paradise
18.you'ar the only one
19.トラフィックジャム
20.With you
21.I see the light~僕たちのステージ~
アンコール
22.Hey you!
23.ドキドキ Break out
Wアンコール
24.スキすぎて(8月9日夜のみ)

 

行ってきました、聡マリコン。

最初に2人がSweety Girlで出てきたとき、思わず泣きそうになった。

聡マリがメインのステージということがすごく嬉しくて。

バックのJr.と衣装が違うことが嬉しくて。

聡マリのコンサートなのだから、バックのJr.と衣装が違うなんて当たり前だけれど、そんな当たり前のことをしてもらえない時期があって。バックのJr.と同じ振り付けをしていた時期があって。そんな風にステージに立つ2人を見て、わたしは悔しくて怒って泣いたりしていて。

今回はただただ嬉しくて仕方がなくて、涙が出てきて。それでも2人の楽しそうな姿をきちんと見たくて、泣くのを我慢していたのだけれど。

マリウスソロのダンケ・シェーンで「幼い頃は 夢のまた夢 今この場所で歌えるなんて」という歌詞を、本当にしあわせそうに笑って歌っているマリウスくんを見たらもう駄目だった。涙が止まらなくて、曲中ずっと泣いてた。

 

聡ソロのBreak out my shell、すごくかっこよかった。聡くんがかっこよすぎて正直本当に記憶がないくらいかっこよかった。いつのまにこんなに男の人になったんだろう、聡くんは…。あと、聡くんのことをすきな友人が「ソロ曲がもらえてほんとに嬉しい。マリちゃんがソロ曲をもらったとき、舞台出演が決まったとき、本当はずっと悔しかった」と言っていたのが印象的だった。

 

シングルメドレーでは、初期の曲は完璧に踊れるのに、いわゆるセク鬱時代の曲が全然踊れなくて、わたしは本当にセク鬱時代の曲を見たくなかったのだなあと改めて感じて、自分のことながら苦笑いだったけれど。その頃の曲はまだ愛せないけれど、いつか愛せるときがくるのかなあ。

 

マリウスソロコーナーで、マリウスくんはミュージカルのような演出をしていて。見たことはないけれど、宝塚ってこんな感じなのかなあと思った。マリウスくんはずっと舞台がやりたいと言っていたので、舞台ではないけれど自身のソロコーナーでああいう演出ができて楽しかったんじゃないかなあって思う。

 

あと、わたしはずっとお手振り曲ではなく、踊るWith youを見たいと言い続けていて。

2015年の聡マリのガムシャラで踊っていたような気がするけど、映像に残っているコンサートで最後にWith youを踊ったのはSexy Zone SUMMARYかな?だから最近は全然踊っていなくて。毎年コンサートに行くたびに「踊っているWith youが見たい!」と熱望していたので今回の聡マリコンで見れて嬉しかった。でもやっぱりまた5人で踊っているところが見たいなあ。

 

本編の最後にI see the light〜僕たちのステージ〜をやるかなあってほんのりと期待してたし、ある程度心の準備が出来ているはずだったのだけれど、いざラストに曲が流れた瞬間に涙がじんわり出てきて。

照明が落ちて踊り始める2人を見て胸がぎゅうっとなった。やっぱりI see the lightも踊っている姿が見たかったから。First concertとか、2012年アリーナコンサートとか思い出して胸が苦しくなった。

2012年アリーナコンサートのI see the lightがだいすきで。2012年アリーナコンサートは本当に「輝き揺れている 幾つもの 僕ら照らす その光」「いまステージに煌めきを敷きつめて」という歌詞が一番しっくりきたコンサートだったと思う。

今回の聡マリコンもステージに煌めきと愛しさが敷き詰めてられていて、すごく素敵だった。あとは「僕たちのこれからを 君に捧げたい 永久に」という歌詞を、改めて大人になった2人が歌っている姿を見て、これからの彼らは、わたしたちにどんな景色を見せてくれるのだろうと楽しみしかなかった。

 

 いわゆるセク鬱時代のこと、やっぱりわたしは「こんなこともあったね」って笑い話には出来ないだろうし、ずっと根に持つだろうし、簡単には許せないと思う。あんなに小さな子たちにするような所業なのかって、ずっとずっと悔しくて悲しくて。本当に気持ちが腐ったりもしたけれど。それでもSexy Zoneがすきだって気持ちが切れなくてよかったと思う。

いつまでも小さな子どもの印象が強かった2人が、いつの間にかすらりと手足が伸びて、顔つきも精悍になって。ああ、大人になったんだなあって思って。それでもやっぱりデビュー当時と変わらない、あどけない表情をするときがあって。そんな顔を見てまたじんわり泣きそうになって。

デビューしたての頃の聡マリは、本当に子どもで心許なくて、2人で何かするにも「ふまけん連れてきてええええ」って思っていたし、いまだに2人は少し危なっかしいところもあるけれど、立派に公演を作り上げる姿を見て、どんどん人としてもアイドルとしても大人になっていくんだなあって。

きっとこれからは、誰かの背中を追いかけていた2人が、誰かに背中を追いかけられるようになるんだろうなあと思って、とても嬉しい気持ちになりました。

 

聡くん、マリウスくん、全6公演お疲れさまでした。

『Hey So! Hey Yo! 〜summertime memory〜』すごくすごく楽しかった。最初から最後までずっと楽しくて。ずっとしあわせで。もっとこの時間が続けばいいのにって思ったコンサートでした。